40歳初産 ゆるゆる育児 備忘録
令和元年生まれ 男の子
旅行

1歳息子と『星のや東京』に行ってきた!その2

ブログを読んでくださって
どうもありがとうございます。

↓「その1」は、こちら

『星のや東京』に行ってきた!【1歳4か月】その1 ブログを読んでくださってどうもありがとうございます。 ずーっと行きたくて、行きたくて震えていた『星のや東京』についに行ってきまし...

Go To キャンペーンを使って、
憧れの『星のや東京』へ行ってきました。

宿に着くなり息子は爆睡したので、
配偶者にお任せして、私は温泉へ・・・。

最上階にある温泉

温泉は、最上階の17階にあります。

タタミのエレベーターに乗って、
いざ最上階へ!

まだチェックインして間もなかったので、
他には誰もおらず、
貸し切り状態でした。

こちらの温泉は、
地下1500mから湧き出る天然温泉だそうです。

ツーンとするにおいがしました。

内風呂に入ったまま、
迷路のようなところを進むと、
なんと、露天風呂に到達します!

お湯に浸かったまま
露天風呂へと移動できるのは、
本当にありがたいです。

露天風呂からは、
都会の青空を見ることができました。

あ〜 極楽、極楽。

夕食は、お部屋で気兼ねなく

配偶者とバトンタッチし、
息子と部屋を探索します。

自宅では、
テレビとの間に柵を設けているので、
ここで初めてテレビに触れた息子は、
タッチパネルのように触っていました。

さすが令和のお子さまだ・・・。

↑猫にタッチ

配偶者も温泉から戻り、
いよいよお待ちかねの夕食です。

メニューは、
『星のや東京御膳』

4種の前菜
サラダ
肉ちらし
スープ
デザート

が、カワイイお重に入っています。

見た目もさることながら、
とっても美味しい!

特に、いくらステーキがガツンと乗っている
『肉ちらし』が最高でした。

息子は、
肉ちらしに入っている卵焼きが気に入ったようで、
バクバク食べていました。

お月見ラウンジで日本酒3種利き比べ

食後は、
2階のロビーで催されている
『日本酒3種利き比べ』へ・・・。

配偶者は、
日本酒があまり好きではないので、
またまた息子をお願いして、
ひとりで行ってきました。

おつまみにお団子が!
米&米、うまし!

日本酒の詳しいことは分からないけれど、
とにかく、美味しかった!

月光ナイトクルーズで、夜の東京タワーへ!

20時からは、
事前に予約していた『ナイトクルーズ』へ!

オープンエアの2階建のバスで、
東京駅や国会議事堂などを通って、
東京タワーへ向かいます。

このアクテビティに参加していたのは、
意外にも3組だけで、
バスはガラガラでした。

↓前に誰もいない・・・。

大都会の街の明かりと月の光が幻想的で、
本当にキレイでした。

↓圧巻の東京タワー

このツアーは、ひとり3,000円なんですが、
雨上がりということもあり、
1,000円引きの2,000円でした。
(座席が濡れている可能性があるからということでしたが、
全く問題なかったです。)

そして、ありがたいことに、
このアクティビティは、地域共通クーポンで支払い可能!

久々の夜の街を堪能できました。

宿へ帰宅した後は、
疲れが出てみな爆睡・・・。

朝食は、洋食 or 和食??

朝食は、和食と洋食から選べるとのことで、
私は和食を、
配偶者は洋食をチョイスしました。

朝食付きのプランだったのですが、
アラカルトで注文すると、
和食のほうが700円高かったみたいで、
配偶者はちょっと落ち込んでいました。
(オイオイ)

でも、別々のものを頼んだおかげで、
いろいろと食べられたので、
結果オーライ

↓和食

窯に入った炊き立てご飯がとっても美味しい!
ひとつひとつのおかずに旬の食材が使われていて、
見た目もキレイ!
緑茶が魔法瓶に入っていたのが嬉しい!

↓洋食

オムレツがふわふわ!
魔法瓶の中は、ミルクティー
パンもひとつひとつ違ってバラエティー豊か!

ありがたいことに、
朝食のときに息子は寝ていてくれたので、
久々にゆっくりと食事を堪能できました。

帰りに、地域共通クーポンでお買い物

地域共通クーポンは、
その日のうちに使用しないといけないので、
帰りにお買い物をしました。

本当は、星のやの近くの
パレスホテル東京のラウンジで使いたかったのですが、
息子が静かにしていてくれる保証がなかったので、
あきらめました・・・。

結局、購入したのは、
東京駅のプラレールショップでプラレールと、
スヌーピーショップで息子の誕生日のキーホルダー
そして、ちょっと良いお惣菜&スイーツ です。

このお買い物のおかげで、
帰宅後も楽しめました!

ずーっと行きたかった『星のや東京』

思う存分堪能できました!

最後まで読んでくださって、
ありがとうございました。