40歳初産 ゆるゆる育児 備忘録
令和元年生まれ 男の子
日々のこと

赤ちゃんと犬の同居 ヒヤっとしたことや癒されたこと

読んでくださってありがとうございます。
40歳で第1子を出産した『ぽむ母』です。

我が家には、9歳のオスのチワワがいます。
その名も『チワお』!

↑イケ犬?

飼い主から見てもなかなか美男犬だと思うんですが、
いかがですかね?(親バカですいません。)

チワおは、今から9年前、
結婚した直後に、我が家にやってきました。

口の悪い知り合いには、
犬なんか飼ってる場合じゃないでしょ。
はやく子どもをつくりなさいよ!
」と、
言われたりもしましたが、
夫と私は、チワおを子どものように、
いや、それ以上に大切に育て、
仲良く暮らしてきました。

車に乗るのが大好きな犬で、
一緒に旅行へも数え切れないほど行きました。

犬用フルコースを食べるところ(笑)

そんなこんなで、なかなか妊娠しなかったこともあり、
このまま夫婦2人と1匹の生活が続くんだろうなあと思っていた矢先に、
妊娠がわかりました。

妊娠はすごく嬉しい!だけど、
チワおは赤ちゃん仲良くしてくれるのかどうかと、
不安に思ったことも事実です。

今回は、犬と赤ちゃんの暮らしについて、
妊娠中から振り返りたいと思います。

妊娠中の犬との生活

ワンちゃんやネコちゃんが未知なる能力で、
飼い主の妊娠を察知した話をたまに聞きますが、
我が家のチワおには、残念ながらそのような念能力はありませんでした。

もともとやんちゃで、
私が横になっていると飛び乗ってじゃれていたチワお。

チワワなので軽いとはいえ、
今までのように飛び乗られるとお腹が心配なので、
お腹に赤ちゃんいるからね。守ってね』と、
毎日伝えるようにしました。

すると、お腹が出てきたころから、
飛び乗ることはなくなり、お腹にそっと乗っかって、
あたためてくれるようになりました。
(マジです。)

↑お腹をあたためるチワお

動物の本能で、
お腹の中に生き物がいるって分かっていたのかもしれません。

予定日を過ぎてもなかなか生まれなかった時期には、
度々散歩に付き合ってもらいました。

季節は春、さわやかな風が吹いている気持ちの良い日々で、
そのころのことを私は一生忘れないと思います。
体調は最悪でしたが・・・。)

↑チワおとの散歩の1コマ

チワおのことは信じていましたが、
念のために簡易型のベビーベッドを準備して、
出産に臨みました。

出産後から生後3か月まで

退院後、やっと帰宅できて何より嬉しかったのは、
チワおに会えたことです。

一緒に暮らすようになってから、
こんなに会わなかったのは初めてです。

私の感動をよそに、わりとチワおは冷静でしたが・・・。

赤ちゃんを見せながら、
チワおの弟だよ〜』と声をかけました。

↑初対面の図

すると、今までに聞いたことのない声をあげて、
(キョェ〜とかフェェ〜という声)
興奮してクルクル回っていました。

犬語が理解できたら良いのに!と本気で思いました。

喜んでくれていたんだと思います、たぶん。

その後は、私がずっと見ていられるときは、
たまに大人のベッドに赤ちゃんを寝かせて、
チワおとの触れ合いの時間をもうけましたが、
赤ちゃんはもちろん、チワおもあまり興味を示しませんでした。

とはいえ、家で100日記念の撮影をしていると飛び入り参加してきたり、
オムツを替えていると興味深そうに近づいてきたりと、
気にはなっていたようです。

なぜか、いつもカメラ目線のチワお・・・。

生後4か月から1歳前まで

窮屈になったベビーベッドは撤去し、
赤ちゃんも私のベッドで一緒に寝るようになりました。
(チワおは、もともと私のベッドの足元で寝ています。)

ベビーサークルを購入し、
昼間はサークルの中で赤ちゃんを寝かせるようにしました。

チワおは、ベビーサークルに入りたそうにすることはありませんでしたが、
たまに招き入れて一緒に遊びました。
(チワおは迷惑そうでしたが・・・。)

このころになると、息子の方が犬に興味津々で、
嬉しそうに目で追ったり、
おっかなびっくり触ったりするようになりました。

ただ、まだ力加減のできない赤ちゃん
私がちょっと気を抜いたすきに、チワおのシッポをギュッとつかむことも。

赤ちゃんは、まだ手のひらでナデナデすることができなくて、
どうしても肉をギュッとつまんでしまうんですよね。

1度、チワおが『ガルルルッ』と今まで聞いたことのない声を出したので、
ヒヤリとしました。

赤ちゃんと犬を近づけるときは、
常に緊張感を持たねばと、反省しました。

↑ナデナデの練習

基本的には、仲良し

1歳を過ぎて、現在

ますます息子は、チワおへの愛が深まっているようです。

ピーピー鳴るおもちゃを鳴らすとチワおがそばに来る
ということを学んだようで、
おもちゃを片手にピーピー鳴らしては、
ひとりでゲラゲラ大爆笑しています。

息子のテンションとは反比例して、
チワおのテンションは低め・・・。

『またそれですか・・・。』
という表情をしています。

まだまだ、チワおへの息子の愛は一方通行!!

はやく相思相愛になってほしいものです。

さいごに

妊娠中の体調のツラい時期や、
新生児の眠れない時期、そしてやんちゃで目が離せない現在も、
いつも変わらないチワおがそばにいてくれたことで、
精神的にとても助けられました。

赤ちゃんと犬が同居することは、
いろいろな意見があると思いますが、
我が家にとっては、幸せが2倍、3倍(もっとかな?)になりました。

↑最近のふたりの遊び『進撃の巨人ごっこ』

この先、息子がもっと成長して、
息子がチワおのリードを持って一緒に散歩する姿が見られたら・・・。
想像するだけで、鼻血が出そうです!!

ワンちゃんと赤ちゃんが同居する場合、
新生児のときにはベビーベッド
ハイハイするようになったらベビーサークルがあると、
お母さんも安心してトイレ等に行けると思います。
(個人的な意見です。)

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。