40歳初産 ゆるゆる育児 備忘録
令和元年生まれ 男の子
妊娠

40歳で初産 自然妊娠するまで

読んでくださってありがとうございます。
40歳で第1子を出産した『ぽむ母』です。

湿度のせいで髪の毛が縮れて、
切っていないのにどんどん短くなっている気がします。

ロッチの中岡さんみたいな髪型になっています。

そういや、中岡さんもくせ毛に悩んでいて、
サロン専用のお高いシャンプーとトリートメントを使っているのに、
チリチリで清潔感がなくて困るとおっしゃっていたけど、
すごく気持ちわかるわ〜

はやく、カラッと晴れて欲しいです。

前回の記事で、稽留流産のそうは手術について書きましたが、
その3年後のお話です。

流産のあとは妊娠しやすいはずなのに・・・

稽留流産のあと、親しい人たちは声を揃えて、
流産手術のあとは、妊娠しやすいからすぐにまたできるよ』
慰めてくれました。

ところが、手術から1年が経過し2年目が終わろうとしても、
一向に妊娠する気配がありませんでした。

気がつけばもう間もなく40歳・・・。
結婚してからもうすぐ10年になります。

それまで、妊娠を焦ったことはありませんでしたが、
40歳を間近に控えて、急に不安になってしまいました。

なぜ病院に行かなかったか

不妊治療の開始は、早ければ早いほど良いとメディア等で言われていますが、
私は受診しませんでした。

理由はいくつかあります。

① 仕事が忙しかった。
② 妊娠しなかったら、夫婦2人の人生でも良かった。
③ 不妊の原因が自分にあったらと思うと怖かった。

いちばん大きな理由は、③です。

夫はどこから見ても健康体なので、
もし原因があるとすれば私にあるんだろうなあと、
うすうす感じていました。

それが露呈してしまうのが怖かったんです。

運命のギックリ腰

そんな焦りを感じていたある日、
掃除をしていて中腰になった瞬間、ギックリ腰をやってしまいました。

我が家の近くの鍼灸院の看板に
ギックリ腰にも鍼』と書いてあったことを思い出し、
這いつくばりながら受診しました。

ギックリ腰の治療とともに、
脈診により、身体の不調をチェックされた結果、
体温が低すぎる』と診断されました。

体温が低すぎると、様々な不調を引き起こすことは知っていたので、
定期的に鍼灸院に通うことにしました。
(我が家から徒歩30秒の場所にあったため、
筋金入りの面倒くさがりの私も通い続けることができました。)

そして2か月後、妊娠が分かりました。

体温が重要?

あくまでも私の場合ですが、
3年前に妊娠したときも、ラ●ザップで鬼のように筋トレし、
体温が上がっていた時期でした。
(流産してしまいましたが。)

鍼灸院の先生に伺ったら、
鍼の施術を受けて妊娠する人は少なくないとのことです。

妊娠後も鍼灸院に通い続けて、
無事に出産することができました。

鍼灸院の先生と鍼とお灸には、感謝の気持ちでいっぱいです。

育児に余裕が出てきたら、
セルフお灸をやってみたいと思っています。

最後まで読んでくださってありがとうございました。