40歳初産 ゆるゆる育児 備忘録
令和元年生まれ 男の子
日々のこと

トイサブでひとり遊びが上手になった!

読んでくださってありがとうございます。
40歳で第1子を出産した『ぽむ母』です。

先日、無職の配偶者が遠慮がちに言いました。

「なんか、息子くんがトイサブやりたいって言ってるんだけど・・・。」

・・・・。

は・・・?
まだ息子はしゃべりません。)

トイサブは、CMや雑誌で見て知ってはいたけれど、
このコロナのご時世もあり、
ちょっとレンタルには抵抗があったので、
選択肢からは外していました。

「レンタルは抵抗があるんだけど・・・。」
と配偶者に伝えると、待ってましたとばかりにプレゼンが始まりました。

「徹底したクリーニングをしているから大丈夫だよ。」
と言って、クリーニング風景の動画を見せられました。

(アンタは、回し者かい・・。)
と思いながらもその動画を見ると、
なるほど、こりゃウチにあるどのおもちゃよりも清潔だわ・・・。

私の心が動いたのを見逃さず、
配偶者はさらにたたみかけてきます。

「月齢に合った新しいおもちゃで遊ばせた方が絶対良いって!」
「息子くんも絶対喜ぶよ!!!」

・・・・。

そして、トイサブに申し込みました・・・・。
(私、チョロいな。)

第1回目に届いたもの

先日、はじめてのトイサブが届きました。

段ボールの蓋を開けると、返送用の段ボールが出てくる仕組みです。
(エコだわ〜)

早速中身を確認っ!!!
親の方がワクワクしちゃっています。

↑中身はこんな感じでした。

トイサブ! 公式サイトはこちら

くるくるチャイム

ボールを頭から入れると、くるくる回って、
チーンと音を鳴らして出てきます。

何度かボールを入れて見せると、すぐに息子もできるようになりました。

ボールを握ったり、離したり、追視したりすることを繰り返すことで、
手先の器用さと集中力、知的好奇心を養うことができるようです。

息子はボールが気に入ったようで、
本来の遊び方に飽きると、
ボールをゲートボールのように転がして遊んでいました。

マジカル ライツ フィッシュボウル

光る水槽のおもちゃです。
息子はこれがいちばん気に入っていました。

海の生き物を出し入れする度に、音楽が鳴って光ります。
すごく幻想的で、親も見ていて楽しいです。

息子は、音楽に乗って、体を揺らしてノリノリでした。

海のブクブク音がリアルで、海に行きたい欲がフツフツと湧いてきました。

ミュージカル リズム ブック

アメリカの有名な子守唄が流れるハードブックタイプのおもちゃです。

横についている楽器ボタンが楽しいようで、夢中で押していました。

ゆらりんタワー

カラフルな5つのリングを棒にさしたり外したり、
台ごと倒したりして遊びます。

息子はまだリングをさすことは出来ませんでしたが、
リングを振ったり投げたりして遊んでいました。

森のメロディカー

無塗装、無着色のブナ無垢材を使用したオルゴールカーです。

前に押しても、後ろに押しても、
「小さな世界」が流れます。

この曲を聴くと、
ネズミの国やネズミの海に行きたい欲がフツフツと・・・。

こちらは、残念ながら今の息子には気に入ってもらえませんでした・・・。

1週間ぐらい経ったら、またしれっと渡してみようと思います。

バイリンガル・リモコン

これ・・・、実は既に持っていました・・・。
しかもお気に入り・・・。

持っているおもちゃは、事前に記載しておけば良いのですが、
まさかこんなマニアックなおもちゃが被るとは思わず・・・。

↓この記事に出てきます。

次回は、きちんと持っているおもちゃを細かく記載しようと思います。

残念無念・・。スマン息子よ。

ゆっくりご飯が食べられた!

たくさんの新しいおもちゃが来てくれて、
今のところ、ゆっくりご飯が食べられています。
(何よりもありがたい〜)

おもちゃに夢中になっているときは、
声をかけずに見守って、集中力を途切れさせない方が良いそうです。

母は、ご飯を食べながら見守っています。

次のおもちゃは60日後!
それまで、遊び倒してくれると良いなあ〜

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。